目次

ピルを服用してタバコを吸っちゃダメ!

タバコに火をつけてもらっている女性

ピルは避妊や生理痛の緩和、月経前症候群への対応、生理日の調整として女性に処方される機会が増えています。
ピルを飲み続けるとき、注意が必要なのは血栓症です。
大抵の人は心配が要りませんが、特定の条件において服用するとリスクが増大することが分かっていて、一番注意が求められているのはタバコで、喫煙者の禁忌薬です。

喫煙者が禁煙をせずにピルを服用することで重篤な症状が出て、死に至ったケースも報告されています。
このため、35歳以上で1日15本以上の喫煙者に対して、ピルを処方してはいけないことになっています。
ピルはもともと長期利用する場合は、血液検査などを受けて副作用の心配がないか血栓症のリスクがないか調べながら使わなければならない薬で、肥満や高齢によりそのリスクが高まることが分かっていました。
さらに、タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなりますから、ピルによる血液が固まりやすくなった状態、脂質代謝の異常が起きドロドロ血になりやすい状態にプラスして、血管が狭まると血栓症を起こすリスクが跳ね上がります。

血栓症は血管を完全に詰まらせてしまい、酸素や栄養が運ばれなくなることが最も危険でそれが脳で起これば脳卒中、心臓で起これば心筋梗塞となって、発症後すぐに対応できなければ死に至る危険があります。
タバコを1日にたくさん吸う人はピルの服用をあきらめるか、先に禁煙に努めることが大切です。
タバコをやめたらすぐに影響がなくなるものではないので、服用を開始する時期は医師と相談が必要です。

タバコを自分で吸わない人でも、周りに吸っている人がいれば副流煙により脳卒中や心筋梗塞が高まる危険があります。
副流煙にもわずかながらニコチン成分が含まれているためで、ピルを服用しているときは長時間タバコを吸う人のそばにいないようにしましょう。
処方を受けなくても海外のピルであれば個人で入手することも可能ですし、海外の薬局では気軽に購入できるところもあります。
処方を受けずに服用するときは、喫煙によるリスクに注意が必要です。

ほかにも注意するべき禁忌薬などがありますから、ピル服用中に強い頭痛や胸の痛み、息苦しさを感じたら診察を受けるようにしましょう。

ピル服用中でもお酒やコーヒーは飲める

体に影響を与えるイメージがある嗜好品はほかにもあって、ピルを服用中は喫煙者のような血栓症になるリスクが高まるなら控えたいと考える人もいるでしょう。
脳卒中や心筋梗塞にならないように、副作用が出る心配があるものは医師からしっかりと説明を受けて控えるようにすべきです。

お酒やコーヒーを飲んでいるとき、禁忌薬とされるものはたくさん種類がありますが、ピルはお酒やコーヒーによる影響はほとんどなく、安心して飲むことが可能です。
お酒は適量であれば血管を拡張させて柔軟性を持たせてくれますし、コーヒーに含まれるカフェインにも同様に血管を拡張させる作用はあります。

飲み合わせが悪くて、薬の血中濃度が上がり副作用が出やすくなるということもありませんし、お酒やコーヒーは適量であればタバコのように脳卒中や心筋梗塞になるような心配はいりません。
ただカフェインは、体質により女性ホルモンの分泌を促される人がいるため、ピル服用中はカフェインの取りすぎにだけ注意したほうが良いでしょう。
お酒もコーヒーも薬の成分に影響を与えるものではありませんが、薬を服用するときは基本的に水か白湯で飲んだほうが良いです。
でも、ピルはいつもの時間に服用することが最も重要ですから、準備するのが面倒で飲み遅れてしまうよりは、飲み物にこだわらずに飲んでしまいましょう。

副作用が出る心配はお酒やコーヒーよりも、禁忌薬と併用してしまうことです。
普段常用している薬があるときには、処方を受けるときに医師に相談するべきで、サプリメントの成分にも注意が必要です。
野菜や果物、植物の抽出成分なら安心できるように思いがちですが、薬に影響を与えるものは意外と多いので常用しているサプリメントがあるなら成分をしっかりと確認しておきます。

禁忌薬や副作用について知識を深めて、正しくピルを利用すれば血栓症による脳卒中や心筋梗塞のリスクは少なくなります。