目次

生理痛には漢方薬を使って女性ホルモンを安定させよう

沢山の種類の漢方薬

生理痛がひどいと日常生活に大きな支障を及ぼします。
毎月痛みと戦っている人もいれば、痛みがほとんどない人もいます。
その差はどこにあるのでしょうか。
東洋医学の観点からすると、生理痛があるのは正常なことではなく、血の流れが滞っていることを意味します。
対処療法的に痛み止めを飲むのではなく、根本原因にアプローチして改善することが東洋医学の特徴です。
市販の漢方薬を購入して体質改善している人も最近は増えています。

女性ホルモンは一生の間にスプーン一杯ほどしか分泌されませんが、驚くような働きをします。
正常に分泌されているなら、生理周期も安定し生理痛もほとんどありません。
現代人の生活様式や食生活は女性ホルモンに大きな影響を与えています。
運動不足や睡眠時間も関係しています。
女性ホルモンを整えることで、生理痛になりにくい体質へと改善することが大切です。

女性ホルモンの調整には、ピルも用いられています。
ピルは本来は妊娠を防ぐためのものですが、服用することで生理痛を緩和することができます。
ピルは二種類の女性ホルモンが含まれたものです。
通常なら二種類の女性ホルモンはバランスよく分泌されますが、なんらかの原因でどちらかが不足したり両方とも不足したりします。

ピルを服用することで乱れたバランスを改善することができます。
結果として生理痛や生理前の不快な症状を和らげることが可能です。
ピルは定期的に服用しなければならないため、飲み忘れに注意が必要です。
ピルはドラッグストアなどで市販されていません。

漢方薬は東洋版天然由来のピルということもできます。
ピルと同じくホルモンバランスを整えることができるからです。
市販されている西洋薬はできるだけ飲みたくないという人でも、抵抗なく服用できるのではないでしょうか。
実際鎮痛剤は効果的ですが、痛みの根本原因や体質を改善することはできません。
市販であっても処方されるものであっても、鎮痛剤は痛みを感じる物質にアプローチすることで痛みを感じなくさせます。
いわば麻痺させている状態です。
飲み続けていても、時間が経つと再び痛くなります。
もちろん場合によっては服用せざるを得ませんし、正しい量を守れば安全です。

ドラッグストアでも購入できる市販の漢方薬とは

漢方薬はドラッグストアでも購入することができます。
例えば当帰芍薬散も大抵のドラッグストアにおいてあります。
当帰芍薬散は子宮の動きをスムーズにする働きがあります。
生理痛は子宮の収縮がスムーズでないことが一つの原因です。
当帰芍薬散は生理前の不調がひどい人に向いています。
当帰芍薬散は血やリンパの巡りを高めることで、痛みや貧血を予防することができます。
当帰芍薬散は痛みを抑える効果もあるため生理前の頭痛や肩こりにも効果的です。

加味逍遙散は貧血気味や虚弱体質の人に向いています。
血が足りないことにより、痛みが強く倦怠感を感じることも少なくありません。
加味逍遙散により脾臓の働きを活発に貧血を克服する働きをします。
加味逍遙散により血行や気の流れを整えることができます。
加味逍遙散は更年期障害による症状の緩和にも効果的です。
更年期障害も女性ホルモンが減少することで起きます。
加味逍遙散により不足しているホルモンの分泌を促します。

桂枝茯苓丸もドラッグストアで購入できます。
桂枝茯苓丸が適している体質は冷え性や圧痛を感じやすい人です。
体が冷えや、しめつける衣服により生理痛がひどくなります。
桂枝茯苓丸により血の巡りが悪い体質を改善します。
桂枝茯苓丸により血行がよくなるので、体温が上昇する例も少なくありません。
桂枝茯苓丸は生理痛以外にもおりものの悩みにも助けになります。

ドラッグストアで市販されている漢方薬にも厳しい検査を通過した漢方のみが使われています。
病院で処方される漢方と成分の違いはほとんどありません。
生理痛緩和のためにはそれぞれの体質にあった漢方薬を購入する必要があります。
できれば漢方薬に詳しい薬剤師やスタッフに相談して購入するなら、一層効果的です。