目次

避妊のために手術を考えている方へ

手術室

避妊のための方法には、さまざまなものがあります。
それぞれの方法に違ったメリット、デメリットがありますが、そのなかでも、避妊手術をすることは最も確実な方法です。
避妊手術をすれば、ほぼ永久的に避妊ができます。
そして他の避妊法と違い、副作用の心配もありません。

女性の避妊手術は、卵管結紮術という手術を行います。
卵管結紮術は、腹腔鏡を使用して、卵巣から卵子を運ぶための卵管を切断して糸で縛る、という方法です。
切断せずに、プラスチック製のクリップやバンドで留める方法もあります。
この卵管結紮術は、日帰りでできる簡単な手術なので、入院の必要がないというメリットがあります。

また、産後の場合は入院中に卵管結紮術を行うことができるので、副作用のリスクや費用の負担が少ない、というのもメリットです。
その他のメリットとしては、女性の不感症がよくなることもある、という点があげられます。
一方で、まれに手術に伴う合併症を併発したり、大量に出血することもあるというデメリットもあります。

その他のデメリットとしては、卵管結紮術をすることによる精神ストレスで、女性のホルモンバランスが崩れることが考えられます。
ただ、この手術は、他の避妊方法よりも副作用が少なく、また永久的な避妊ができる確率の高いことで人気です。
ちなみに男性の避妊手術は精管切除術で、パイプカットとよばれるものです。

女性の避妊手術には、約20万円の費用がかかるといわれています。
一方、男性側にかかる費用は10万円前後と、女性よりも低価格で受けることができます。
ただ、どちらにも保険が適用されず、費用は自己負担になるのがデメリットです。

保険が適用されないということを事前に知っておかないと、思っていたよりも費用がかかってしまった、という事態になりかねません。
保険が適用されず、自己負担になってしまうというのは費用を考える上で痛いかもしれませんが、より確実で副作用の少ない方法を選ぶのであれば、卵管結紮術がおすすめです。

避妊手術はパートナーと話し合って決めよう

もし避妊手術を考えているという場合は、まずパートナーとよく相談してみましょう。
メリットとデメリットをしっかり吟味した上で相談し、自分とパートナーにとって一番いいと思える選択をすることが重要です。
卵管結紮術は、副作用も少なく、日帰りで簡単な手術で済ませることができるのが魅力のひとつです。

また、わずかな切開ですむので、体にかかる負担やリスクを減らすことができるというのもメリットです。
一方、まれに合併症を発症したり、大量に出血してしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあるというデメリットがあることも、しっかりパートナーと相談することをおすすめします。

特に、保険が適用されず費用が自己負担になってしまうという点については、よく相談することが必要です。
自己負担となると、どうしても費用がそれなりにかかってしまいます。
避妊を考えている方の中には、保険が適用されず自己負担になってしまっても、それでも手術をしたいという方がいらっしゃるかもしれません。
その場合は、その気持ちをしっかりパートナーに伝えて、お互い納得した上で決めるのがいいでしょう。

また、卵管結紮術は、一度おこなってしまうと、もう元に戻すことはできないという特徴があります。
妊娠する手段として、体外受精という方法もありますが、ほぼ100パーセント妊娠はできなくなります。

この先ほんとうに子どもを欲しくならないかなど、パートナーと相談することが重要です。
同時に、ごくまれにですが、卵管結紮術を行った後で、妊娠をしてしまうこともあります。
術後10年間で2パーセントと、さほど高い割合ではありませんが、もしかすると妊娠してしまうことがある、ということも考えておくのがいいでしょう。